ARQPLUS

ブログ

Blog
ブログ
お盆休みは如何でしたか? ~広島で丁寧外壁塗装なら アークプラス~
スタッフブログ
投稿日:2022.08.22

こんにちはー(^^♪

 

 

藤岡です。

 

 

 

今日はお盆休み明け1発目のブログです!!

 

 

 

皆様は何をして過ごしましたか? 😛 

 

 

 

僕は田舎のお墓参り巡りでお盆が終わってしまいました・・・

 

 

兄弟や甥っ子姪っ子とも会いました。

 

 

しかし子供の成長は早いものです。。。

 

 

姪っ子なんか4歳なのに、うちの長男よりすでに体重が重たい。。。(笑)

何キロかは秘密ですよ 😳 

 

 

 

我儘ボディーってやつですね( 一一)

 

 

 

抱っこするのも一苦労です。。

 

 

 

田舎に行ったときに発覚したのですが、うちの子供たちは男三人ですが、

 

 

 

誰ひとり、バッタすら触れませんでした。。。。情けなし :mrgreen: 

 

 

 

虫と触れ合う機会を作らなかったのが悪かったですね。。。

 

 

 

皆様、簡単に虫になれる方法があれば教えてください!

 

 

 

 

藤岡家の孫はいま7人います。。。もうわちゃわちゃで中々みんなが集まるのは難しいですが、

 

 

 

年に数回は会えるような環境を作ってあげたいなと思います。

 

 

 

 

す、すみません!!!!

 

 

気づけば僕のお盆の日記みたいになってしまいました、、、汗

 

 

 

 

 

アークプラスはお盆明けも元気に営業しております(^^)

 

 

 

9月~徐々に塗装もしやすい季節になってきます

 

 

 

まだまだご依頼は受け付けておりますので、お気軽にお見積りからご依頼ください 😎 

 

 

 

 

今日は以上です

 

 

ありがとうございました!

 

ページ先頭へ
自宅外壁の種類を知ろう!モルタル編 ~広島で丁寧外壁塗装なら アークプラス~
スタッフブログ
投稿日:2022.08.11

おはようございます!!

 

 

 

アークプラス藤岡です(^^)

 

 

 

今日は張り切って朝一での更新です 🙂 

 

 

 

 

っとその前に、、、

 

 

 

 

カープもう少し頑張ってください・・・

 

 

 

 

コロナのせいなのか、成績のせいなのかはわかりませんが。。。

 

 

 

 

カープ女子はいずこへ。。。 :mrgreen: 

 

 

 

 

また戻ってきてくれるのか。。。このままいなくなるのか。。。

 

 

 

それはカープ次第!がんばれカープ!! 😯 

 

 

 

 

さて、カープには頑張ってもらうとして、、

 

 

 

 

今日のテーマは昨日に引き続き、

 

 

 

【自宅外壁の種類を知ろう!モルタル編です】

 

 

・モルタル歴史

 

・モルタル外壁の種類

 

・モルタルのメンテナンス

 

 

今日もこの3つのお話をしていきます 😉 

 

 

【モルタルの歴史】

 

 

元々日本にモルタルの文化が広まったのは明治時代にさかのぼり、本格的に普及を始めたのが

 

 

戦後の1950年に建築基準法が制定されたと同時に莫大に普及していきます。

 

 

1990年頃までは、外壁材の主流としてトップシェアを誇っていましたが、

 

 

手作業の為工期や人件費がかかる為、

 

 

比較的施工が簡単な、【サイディング】に王座を奪われてしまいます 😥 

 

 

ですが、伝統的な質感や意匠性の高さから根強い人気があるのも確かです。

 

そもそも、モルタル外壁とはこんな外壁です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【モルタル外壁の種類】

 

 

こちらも大きく分けて4種類あります!

 

・リシン仕上げ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特徴としては、粒状に砕いた石にセメント樹脂などを混ぜ、吹き付けて仕上げていく仕上げです。

 

1970~1980年代によく使用されていました。

 

 

 

・スタッコ仕上げ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セメントと骨材を混ぜた材料を吹き付けて仕上げる方法です。

 

リシンに厚みをもたせたような仕上がりで高級感の演出ができます。

 

 

・吹き付けタイル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

樹脂などの結合材とけい石、寒水石、骨材などを混ぜ合わせた材料を、

 

 

タイルガンという口径の大きな塗装機で吹き付けた方法です。

 

 

・左官仕上げ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コテを使い仕上げていく外壁で、職人さんの腕一つで仕上げが変わります。

 

工期はかかりますが、

 

 

自分好みの模様をリクエストすることができ満足間は非常に高いです!

 

 

 

【モルタルのメンテナンス】

 

 

モルタルの劣化で一番多いのが、

 

【クラック】です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モルタルは、乾燥によって収縮を繰り返したり、地震などの揺れに弱く、クラックが入りやすい外壁です。

 

 

その為定期的なメンテナンスは必須で、クラックを放っておくと水がどんどん躯体部分に侵入してしまいす。

 

 

そうなると大切なマイホームの寿命を早めかねません。。。

 

 

 

 

 

 

 

今日はモルタル外壁についてお話ししましたが、

 

 

 

 

今日お話ししたのは、ほんの一部です。

 

 

 

先ずは自宅の外壁の種類を知って、適切なメンテナンス方法を行ってください 😯 

 

 

弊社では無料相談も随時行っております匿名でも構いませんので、

 

 

「家の外壁心配だな」

 

 

と思われている方は是非お気軽に相談してみてくださいね(^^)/

 

 

 

今日もご覧いただきありがとうございます 😀 

 

 

アークプラス藤岡

 

 

 

ページ先頭へ
自宅外壁の種類を知ろう! サイディング編 ~広島で丁寧外壁塗装なら アークプラス~
スタッフブログ
投稿日:2022.08.9

こんばんは!

 

 

アークプラス藤岡です。

 

 

僕は最近念願のマイホームを購入したのですが、

 

 

 

先日夏の風物詩である、【黒光りの昆虫】

 

 

そう、   G  が出たのです。。。

 

 

なぜ??っと頭のなかで必死に考えました。。。新築なのに、、、綺麗にしとるのに、、、

 

 

 

考えても答えは出ません、、、その前に早くこの虫を始末してやらねばと、

 

 

大切な手とティッシュを用意して捕まえてサヨナラしました :mrgreen: 

 

 

 

僕はどうしても好きになれません。。。

 

 

 

何と言うか、、受け付けないんですよね。。。

 

 

 

一匹出ると少しの物音でも敏感に反応してしまいます(‘Д’)

 

 

 

息子たちもビビりまくっています。。

 

 

 

Gを見ない世の中が来ることを祈っている藤岡でした 🙄 

 

 

 

 

さて、気持ちを切り替えて、今日のテーマは!!

 

 

【自宅外壁の種類を知ろう! サイディング編】です。

 

 

・サイディングの歴史

・サイディングの種類

・サイディングのメンテナンス

 

についてお話します(^^)

 

・サイディングの歴史

 

 

今では、住宅外壁の8割を占めるシェアとなったのが、【サイディング】になります 😯 

 

 

歴史は意外と古く、昭和40年代にはじめてサイディングが登場したといわれています。

 

 

そこから10年後の昭和50年代に、ツーバイフォー住宅の参入もあり、

 

 

サイディングも進化をしながら、約50%まで外壁材として使われるようになりました。

 

※サイディングが普及するまでは、【モルタル外壁】が主流

モルタルについては今度お話しします(^^)/

 

 

そこからも2色のサイディングができたり、多色・多彩なサイディングが登場したりと、

 

 

非常にバリエーション豊富な外壁材に進化をしていきました。

 

 

施工自体も簡単(モルタルやタイルに比べると)な為、シェアが伸びていき、

 

 

今では8割を超える圧倒的なシェアを誇っているのです 🙂 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この辺がよく見るサイディングかなと思います。

 

 

・サイディングの種類

 

 

こちらは大きく4つで、

 

【窯業系(ようぎょうけい)サイディング】

 

【金属系サイディング】

 

【木材系サイディング】

 

【樹脂系サイディング】

 

 

とこの4つに分けることができます。

 

 

【窯業系サイディング】

 

 

デザインも豊富で施工しやすいため、最もよく使われているサイディングになります。

 

 

 

【金属系サイディング】

 

 

断熱性や防音性が高く、メンテナンスも窯業系に比べると少なく済みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【木材系サイディング】

 

 

木材に塗装をし作られたサイディングの為、木のぬくもりを感じられるお家作りができるが、

 

 

価格は高く、メンテナンスの周期が短くデリケート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【樹脂系サイディング】

 

日本ではあまり使われることが少ないサイディングになります。

 

 

アメリカで主流のサイディングになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・サイディングのメンテナンス

 

ここで大事なのは2点

 

 

【サイディングのつなぎの部分(目地)のコーキングの寿命は約7~10年】

 

 

【サイディング塗装の時期は10年~13年】

 

 

周辺環境にもよりますが、一つの目安となります。

※新築からの年数です。

 

 

 

ここまでいろいろお話しましたが、自宅の外壁がどのタイプのサイディングなのか確認し、

 

 

そのサイディングに適した塗装が必要になります。

 

 

外壁の材料によって塗料や金額も変わってきますので、今回の記事が少しでも役に立てばと思います。

 

 

 

長くなりましたが、今日は以上です 😎 

 

 

 

では!

 

 

アークプラス藤岡

 

ページ先頭へ
ヌリカエ
Contact
外壁塗装についてのご相談などお気軽に
お問合せください!
Contact
外壁塗装についてのご相談などお気軽に
お問合せください!
ページトップへ