ARQPLUS

ブログ

Blog
ブログ
コーキング(シリコン)にもグレードがある⁉  ~ 丁寧 外壁塗装ブログ ~
スタッフブログ
投稿日:2022.06.18 一覧に戻る

こんにちはー(^^♪

アークプラス藤岡です!

暑い!暑い!

夏が近づいて来ました! 😎 

これからの外現場は地獄です。。。

そして梅雨時期はジメジメして、「じっとり汗をかくのです。。。」あれが一番きつい。。。

早く梅雨が終わって、カラッとした夏日が待ち遠しいです 😳 

今年はコロナも落ち着いてきて、やっと遠出が出来そうなので楽しみです 😎 

さて、今日のテーマは、

【コーキング(シリコン)にもグレードがある⁉】

についてお話しします 😛 

そもそもコーキングとは、

サイディングの目地(サイディングとサイディングのつなぎ目)や

窓枠やドア枠の周りにある、ゴムみたいなものです。。。

分かりますかね。。。

この黒丸がコーキングになります。

※コーキングの大事さは、過去のブログをご覧ください。

大体新築購入から、10年頃でコーキングの寿命がやってきます。

その10年頃のタイミングで、外壁のヌリカエ時期にもなるので、

塗装と同じタイミングでコーキングの修繕をやる方がほとんどです。

弊社は見積もり提出時に、塗料のグレード毎に2~3パターン程お見積りを提出するのですが、

コーキングの寿命も考えてコーキングのグレードも変えています。

シリコンの塗料では、期待耐侯年数が10年前後になるので

コーキングの期待耐侯年数も10年前後のものを使用しています。

フッ素や、無機塗料などの15年以上の高耐侯塗料を使用する場合は、

コーキングも30年前後の高耐候性のものを使用します。

コーキングの打ち替え作業は足場の設置が必須ですので、

次回の外壁塗装時に、コーキングの作業もできるように

塗料と同程度のコーキングを使用しています 🙂 

20年の高耐侯の塗料を使用したのに、コーキングが10年で寿命が来てしまうと、、、

コーキングの為に足場を設置して、作業をしてもらうことになります。。。

余計な費用だと思いませんか?? 😯 

勿論、高耐侯の商品のほうが金額は上がりますが、トータル的に考えれば間違いなく安いです。

塗装にコーキングは付き物ですので、業者さんに色々聞いてみてくださいね 😉 

今日はコーキングの種類についてお話ししました 🙂 

ありがとうございました!

藤岡

ページ先頭へ
ヌリカエ
Contact
外壁塗装についてのご相談などお気軽に
お問合せください!
Contact
外壁塗装についてのご相談などお気軽に
お問合せください!
ページトップへ