ARQPLUS

ブログ

Blog
ブログ
台風から家を守る為には何をすべきか!? 株式会社アークプラス ~丁寧な外壁塗装ブログ~
スタッフブログ
投稿日:2021.06.30 一覧に戻る

こんにちはー!

 

 

 

 

 

 

イラストレーターを子供に教えようと始めた結果、意外に自分がハマってり、

これからデザイナーも名刺に書こうか…と甘い考えばかりしている

株式会社ARQPLUS(アークプラス)の箕原です!

 

(勿論、施行は甘い考え一切なしに、きちんと行います!)

 

 

 

 

 

 

さて、今回は外壁塗装工事の前に…

 

 

 

 

 

 

『 【きちんと台風対策をしておりますか?】  

 

 

 

 

 

 

をテーマにお話ししていきます!

 

 

 

 

 

 

近年の台風は、いつやって来るか分からないため、毎回この時期になると、落ち着かないという方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

そこで今回は、住まいを台風から守るためにやるべき事についてご紹介します。

 

 

 

 

 

①  雨戸・シャッターの機能を確認する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは雨戸、シャッターが正常に動くかどうか確認してみましょう! 

 

 

 

窓ガラスを台風の強風守るのは、まずは雨戸・シャッターです。

 

 

強風により、ガラスが割れたら大けがをするケースも多々あります。

 

 

1か月に1回は動作確認・メンテナンスをしてみてください。

 

 

特にシャッターは故障をしていた場合、修理に2週間~3週間はかかりますので

お気を付けください!

 

 

 

 

②  ベランダの整理

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓ガラスが割れる原因の一つとして、ベランダの整理ができておらず、

 

 

 

強風により、物が飛ばされるケースが多いです。

 

 

 

 

普段、なかなかベランダの整理をすることはないでしょうが、台風が来る前に一度、

 

 

屋内への移動、もしくは紐で縛り、固定することをお勧めします。

 

 

 

 

 

③ フェンス・植木鉢など庭の整理

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外にフェンスが強風で倒れる可能性もあります。

 

 

 

また植木鉢も同様です。

 

 

 

 

 

庭木やフェンスはロープなどを使用しきちんどと固定や補強をしておくと良いでしょう。

 

 

 

 

 

上記3点が、台風対策として、きちんと確認しておいた方がいい点だと思います。

 

 

 

また雨樋の掃除もきちんとしていた方がいいでしょう!

 

 

 

雨樋は気づかない内に落ち葉やゴミが溜まってきます。

 

 

詰まりから、雨が逆流し、雨樋の破損や屋内への浸入に繋がることがあります。

 

 

 

普段から水捌けをよくすることが大事です!

 

 

 

弊社とお付き合い頂くと、外壁塗装の情報だけではなく、きちんと暮らしを豊かにする

情報をご提供させて頂きます!

 

 

是非、現地調査・施工依頼のご要望がありましたらお声をおかけください。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も有難う御座いましたー!

ページ先頭へ
自宅外壁の種類を知ろう!モルタル編 アークプラス~丁寧外壁塗装ブログ~
スタッフブログ
投稿日:2021.06.30 一覧に戻る

おはようございます!!

 

 

アークプラス藤岡です(^^)

 

 

今日は張り切って朝一での更新です 🙂 

 

 

っとその前に、、、

 

 

カープ弱すぎやしやせんか・・・

 

 

コロナのせいなのか、成績のせいなのかはわかりませんが。。。

 

 

カープ女子はいずこへ。。。 :mrgreen: 

 

 

また戻ってきてくれるのか。。。このままいなくなるのか。。。

 

 

それはカープ次第!がんばれカープ!! 😯 

 

 

 

さて、カープには頑張ってもらうとして、、

 

 

 

今日のテーマは昨日に引き続き、

 

 

【自宅外壁の種類を知ろう!モルタル編です】

 

 

・モルタル歴史

 

・モルタル外壁の種類

 

・モルタルのメンテナンス

 

 

今日もこの3つのお話をしていきます 😉 

 

 

【モルタルの歴史】

 

 

元々日本にモルタルの文化が広まったのは明治時代にさかのぼり、本格的に普及を始めたのが

 

 

戦後の1950年に建築基準法が制定されたと同時に莫大に普及していきます。

 

 

1990年頃までは、外壁材の主流としてトップシェアを誇っていましたが、

 

 

手作業の為工期や人件費がかかる為、

 

 

比較的施工が簡単な、【サイディング】に王座を奪われてしまいます 😥 

 

 

ですが、伝統的な質感や意匠性の高さから根強い人気があるのも確かです。

 

そもそも、モルタル外壁とはこんな外壁です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【モルタル外壁の種類】

 

 

こちらも大きく分けて4種類あります!

 

・リシン仕上げ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特徴としては、粒状に砕いた石にセメント樹脂などを混ぜ、吹き付けて仕上げていく仕上げです。

 

1970~1980年代によく使用されていました。

 

 

 

・スタッコ仕上げ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セメントと骨材を混ぜた材料を吹き付けて仕上げる方法です。

 

リシンに厚みをもたせたような仕上がりで高級感の演出ができます。

 

 

・吹き付けタイル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

樹脂などの結合材とけい石、寒水石、骨材などを混ぜ合わせた材料を、

 

 

タイルガンという口径の大きな塗装機で吹き付けた方法です。

 

 

・左官仕上げ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コテを使い仕上げていく外壁で、職人さんの腕一つで仕上げが変わります。

 

工期はかかりますが、

 

 

自分好みの模様をリクエストすることができ満足間は非常に高いです!

 

 

 

【モルタルのメンテナンス】

 

 

モルタルの劣化で一番多いのが、

 

【クラック】です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モルタルは、乾燥によって収縮を繰り返したり、地震などの揺れに弱く、クラックが入りやすい外壁です。

 

 

その為定期的なメンテナンスは必須で、クラックを放っておくと水がどんどん躯体部分に侵入してしまいす。

 

 

そうなると大切なマイホームの寿命を早めかねません。。。

 

 

 

 

 

 

 

今日はモルタル外壁についてお話ししましたが、

 

 

 

 

今日お話ししたのは、ほんの一部です。

 

 

 

先ずは自宅の外壁の種類を知って、適切なメンテナンス方法を行ってください 😯 

 

 

弊社では無料相談も随時行っております匿名でも構いませんので、

 

 

「家の外壁心配だな」

 

 

と思われている方は是非お気軽に相談してみてくださいね(^^)/

 

 

 

今日もご覧いただきありがとうございます 😀 

 

 

アークプラス藤岡

 

 

 

ページ先頭へ
自宅外壁の種類を知ろう! サイディング編 アークプラス ~丁寧外壁塗装ブログ~
スタッフブログ
投稿日:2021.06.30 一覧に戻る

こんばんは!

 

 

アークプラス藤岡です。

 

 

僕は最近引っ越しをしたのですが、(念願の!、、、ではなく賃貸のアパートです :mrgreen:

 

 

先ほど、夏の風物詩である、【黒光りの昆虫】

 

 

そう、   G  が出たのです。。。

 

 

僕はどうしても好きになれません。。。

 

 

何と言うか、、受け付けないんですよね。。。

 

 

一匹出ると少しの物音でも敏感に反応してしまいます(‘Д’)

 

 

息子たちもビビりまくっています。。

 

 

Gを見ない世の中が来ることを祈っている藤岡でした 🙄 

 

 

さて、気持ちを切り替えて、今日のテーマは!!

 

 

【自宅外壁の種類を知ろう! サイディング編】です。

 

 

・サイディングの歴史

・サイディングの種類

・サイディングのメンテナンス

 

についてお話します(^^)

 

・サイディングの歴史

 

 

今では、住宅外壁の8割を占めるシェアとなったのが、【サイディング】になります 😯 

 

 

歴史は意外と古く、昭和40年代にはじめてサイディングが登場したといわれています。

 

 

そこから10年後の昭和50年代に、ツーバイフォー住宅の参入もあり、

 

 

サイディングも進化をしながら、約50%まで外壁材として使われるようになりました。

 

※サイディングが普及するまでは、【モルタル外壁】が主流

モルタルについては今度お話しします(^^)/

 

 

そこからも2色のサイディングができたり、多色・多彩なサイディングが登場したりと、

 

 

非常にバリエーション豊富な外壁材に進化をしていきました。

 

 

施工自体も簡単(モルタルやタイルに比べると)な為、シェアが伸びていき、

 

 

今では8割を超える圧倒的なシェアを誇っているのです 🙂 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この辺がよく見るサイディングかなと思います。

 

 

・サイディングの種類

 

 

こちらは大きく4つで、

 

【窯業系(ようぎょうけい)サイディング】

 

【金属系サイディング】

 

【木材系サイディング】

 

【樹脂系サイディング】

 

 

とこの4つに分けることができます。

 

 

【窯業系サイディング】

 

 

デザインも豊富で施工しやすいため、最もよく使われているサイディングになります。

 

 

 

【金属系サイディング】

 

 

断熱性や防音性が高く、メンテナンスも窯業系に比べると少なく済みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【木材系サイディング】

 

 

木材に塗装をし作られたサイディングの為、木のぬくもりを感じられるお家作りができるが、

 

 

価格は高く、メンテナンスの周期が短くデリケート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【樹脂系サイディング】

 

日本ではあまり使われることが少ないサイディングになります。

 

 

アメリカで主流のサイディングになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・サイディングのメンテナンス

 

ここで大事なのは2点

 

 

【サイディングのつなぎの部分(目地)のコーキングの寿命は約7~10年】

 

 

【サイディング塗装の時期は10年~13年】

 

 

周辺環境にもよりますが、一つの目安となります。

※新築からの年数です。

 

 

 

ここまでいろいろお話しましたが、自宅の外壁がどのタイプのサイディングなのか確認し、

 

 

そのサイディングに適した塗装が必要になります。

 

 

外壁の材料によって塗料や金額も変わってきますので、今回の記事が少しでも役に立てばと思います。

 

 

 

長くなりましたが、今日は以上です 😎 

 

 

 

では!

 

 

アークプラス藤岡

 

ページ先頭へ
ヌリカエ
Contact
外壁塗装についてのご相談などお気軽に
お問合せください!
Contact
外壁塗装についてのご相談などお気軽に
お問合せください!
ページトップへ